24時間テレビのチャリティーマラソン

今年で35回を数える24時間テレビ。そのメインコーナーのチャリティーマラソンが、私の所属している会社からスタートが行われた。
観客が集まりすぎることから、一切他言は禁止で、極秘裏に行われた。今年は、プロレスラーの佐々木健介ファミリーが家族で120kmをリレーする形式だった。
しかし、お昼過ぎには、ネットで場所が流れており、徐々に観衆が集まってきていた。本番の時には400名を超える人がいたのではないだろうか。結果は、無事完走を果たし瞬間最高39.1%の高視聴率をたたき出していた。
私も気になってしまい、ちょこちょこ見ていた。「なせば成る。なさねばならぬ何事も」ではないが、最後まであきらめず努力することの大切さを感じました。

ブログ画像

ブログ画像