会派勉強会

来年度の予算編成に向けて、会派の勉強会を開催しました。
研政では、すべての部局との意見交換はせずに絞って行いました。全体を通して感じたことは、余り新規の事業はなかった様に感じました。
財政的には来年度は厳しい状況になると思うのでやむを得ないと考えます。気になった事業としては、逸見駅のバリアフリー化事業で、これを持って市内の駅舎にすべてエレベーターが設置されることになります。
高齢者の方や障碍者の方から駅舎のエレベーター設置要望は多くあったため、これで一区切りになります。その他にも様々な事業がありますが、無駄な事業にならないようにチェックしていきます。