第2回市議会定例会閉会

第2回市議会定例会が閉会した。最後に起きた出来事で議会が混乱した。
予算議会でも多くの議論を重ねた、(仮称)株式会社よこすかウォーターサービスの設立を断念するとの発表である。弁護士から「随意契約の理由に違法性の可能性がある・10年間の事業期間は長すぎる。これは他者を排除することにつながる」などが法令に触れる要因につながることで断念となった。呆れてものが言えない。
これらのことは、予算議会の時にも散々私たちが行ってきたことである。今更、何を言うのかと言いたい。結果、課題のある事業が進まなかったことは良しとするが、今後も議会としてチェック機能を発揮していきたい。