悲しい知らせ

大先輩の議員の訃報が届いた。
私が議員になる前から、また、議員になってからも同じ会派の議員として活動をしてきた先輩の議員が亡くなられた。
昨年も、震災の直後に現地のアテンドをしていただき、広域に渡って被災の状況を説明いただいた。現在の特別委員会でもその経験が非常に役立っている。
この時には、既に、病魔に襲われていたようだが、全くそんな気配は感じられなかった。結果として、その時が最後にお会いした日となった。
まだまだ、やり残したことはたくさんあると思うが、心からご冥福をお祈りするとともに、その意思をついで行きたい。本当に、ご指導をいただきありがとうございました。