横須賀市アマチュア無線局非常通信連絡実行協議会非常通信訓練

先日、横須賀市アマチュア無線局非常通信連絡実行協議会の非常通信訓練が実施され、視察させて頂いた。
昨年の3.11の大震災では、通信手段の崩壊により情報伝達がままならず大きな課題が残った。防災体制等整備特別委員会の中でも、災害時の通信手段の確保は非常に重要なテーマであり、アマチュア無線もその一つの方策である。
携帯電話や衛星電話、行政無線など様々なツールもあるが、安定した電源・回線などの実態を考慮するとアマチュア無線は、有効なインフラであると考えることが出来る。そのためにも、このような日頃からの訓練は重要で、今回も機器が故障する場面があり、いざという時に使用できることの重要性は今後の課題と感じた。

ブログ画像